学校の生徒

学校向けプログラム

ご提供価値

プロジェクト型学習を通じ
実践的リーダーを育成

pexels-photo-3184418.jpeg

双方向型ワークショップを
通じ、リーダーに
必要な思考・スキルを形成

pexels-photo-2173508.jpeg

プログラム一覧

屏幕截图 2021-02-05 132447.png

TOPPA!!

263360578_1235074793654604_2725279678715786173_n.jpg

グローバルリーダー
ワークショップ

初月分振り込み確認を

持って参加確定

219071245_932912403938631_8597216174798621152_n.jpg

イノベーション​プログラム

 

TOPPA!!

资源 4@4x.png

MBAカリキュラム・デザイン思考等を

取り入れた実践的リーダー育成プログラム

资源 8@4x.png

プロジェクトを中心にプレゼンまでアウトプット+ワークショップを通じたインプット

资源 5@4x.png

約3ヶ月間(1学期分)or 合宿

资源 3@4x.png

5名程度のチームワーク

资源 6@4x.png

言語:日本語・英語いずれも可能

资源 9@4x.png

Mural/Jamboard等最先端ツール活用

资源 7@4x.png

オンライン・オフラインいずれも可能

ミライングパーツ_アートボード 1.png

​ワークショップ

​プロジェクト

次世代リーダーに必要な実践的 思考法や
スキルを身に着ける双方向型の講義

数か月チームで企業課題・社会課題解決に
取り組む実践学習(希望者英語)

 

プログラム例

屏幕截图 2021-02-09 030051.png

グローバルリーダー
ワークショップ

资源 4@4x.png

海外MBAプログラム等をベースにした、次世代リーダーとなる中高生・大学生のためのプログラム

资源 8@4x.png

ワークショップを通じたインプット+グループディスカッション

资源 5@4x.png

単発1時間〜シリーズ10時間

资源 6@4x.png

言語:日本語・英語いずれも可能

资源 9@4x.png

Miro/Jamboard等最先端ツール活用

资源 7@4x.png

オンライン・オフラインいずれも可能

 
219071245_932912403938631_8597216174798621152_n.jpg

イノベーションプログラム

资源 4@4x.png

短期間でゼロからイチのアイデアを作るプログラム

资源 8@4x.png

ゼロからアイデアを作るプロジェクト学習

资源 5@4x.png

単発1時間〜シリーズ10時間

资源 6@4x.png

言語: 日本語・英語

资源 9@4x.png

Miro/Jamboard等最先端ツール活用

资源 7@4x.png

オンライン・オフラインいずれも可能

 

プログラム実施までの流れ

ご説明・ヒアリング
弊社事業ご説明の上

ご要望を詳しくお伺いします

ご提案
ご要望を踏まえ、最適なプログラムを
ご提案いたします

実施・改善・実施
プログラム実施。
シリーズの場合は必要に応じて改善し、
次回に臨みます

​03

​02

​01

関西国際学園ロゴ2.jpeg

本校がIBスクールとしてこれまで培ってきた探究授業の中のキャリア教育をさらに体系化・創造的なものとし、生徒がグローバルリーダーとして活躍できる人材として成長していくサポートをMIRAIing様よりご協力いただけることとなりました。実際にグローバルに活躍する講師の方から学べる機会は生徒にとって魅力的です。講義のラインナップを見ると、国際社会に貢献されている社会人の方々が中高生に本当に学んで欲しいことを集めたものであると感じています。我々教員もMIRAIing様と歩んでいくこの1年間を楽しみにしております。

関西国際学園ご担当
宮代先生より

高校生たちにとって、JICAでの海外支援の取組、ソフトバンクの経験、ケンブリッジ大学大学院での学びに根ざした池上代表のお話は、SDGsの課題に取り組むうえで、ホンモノを知る貴重な機会でした。今回、開発提供いただいた教材も、単なる教科書的な内容ではなく、イノベーションをおこす上で、乗り越えるべき課題を具体的かつ構造的に可視化できる内容になっていました。このメソッドがより発展し、広まっていけばと感じた2日間でした。

大阪教育大学

仲矢教授より

今年度から実施している学校設定科目「イノベーティブシンキング」では、ARアプリを活用した教材づくりなど創造思考に触れる指導法を開発しています。
MIRAIingの池上様には、何度か打ち合わせを経てこの授業のシラバスに沿ったセミオーダーメイドのプログラムを提案していただきました。高校生にも身近な食品ロス問題を題材に、アプリの設計を通じて経済社会のしくみを知り、問題の本質を掴んで隠れたニーズを掘り起こすまでを2日間でコンパクトに実現でき、説得力のある授業になりました。

平野校舎ご担当
山崎先生より